雪中送炭 医療翻 イリョウファンイー 雪中送炭通信 本誌号 2014

アジア全域の外国人患者に対応する医療通訳士育成のための
第1回「ASEAN 医療通訳士養成集中講座」開催のお知らせ号です。

9月号

発行:日本抗加齢センター株式会社 日中交流事業部 vol.30

アジア全域の外国人患者に対応する医療通訳士育成のための 第1回「ASEAN 医療通訳士養成集中講座」-11月8,9日の2日間集中講座、東京で開催決定-

日本の医療機関を受診する中国人患者を対象とした弊社の医療通訳士養成集中講座は、2010年8月に第1回目の講座を開催し、今まで450名以上の医療通訳士を育成してきました(右段参照)。現在、弊社の育成した医療通訳士は日本の多くの医療機関で活躍していますが、「中国人の患者以外にも対応してほしい」という要望を医療機関やエージェント、さらには旅行代理店から多くいただいております。

実際、先月にはベトナム人患者にも対応するなど、中国人患者以外の医療通訳業務も手掛けておりますが、この度、アジア全域からのすべての患者に対応できる人材育成のための正式講座を実施することにしました。

アジア全域からの患者に対応できる初の正式育成講座

昨年、海外から日本に訪れる外国人が初めて1000万人を突破し、さらに今年はこのペースを上回る勢いで観光客が増えています。また東京オリンピックが開催される2020年には、観光客が2000万人を超えるといわれています。

これらを背景に、医療を目的に来日される外国人への対応はもちろんのこと、増え続ける観光渡航者に対する緊急医療対応のため、医療通訳士の育成が急務となっており、弊社では中国人患者のみを対象とした人材の育成だけでなく、広くアジア全域からの患者にも対応できる医療通訳士を育成するための講座を初めて開催します。

弊社が認定する医療通訳士講座は、医療機関等での検診、検査、手術などの現場で、アジアからの患者さまと日本人医師などの医療機関の皆さまとの間に立って、正

確かつ適正に通訳できるようプログラムが組まれています。

そのため通訳としての一般的スキルはもちろん、日本の文化や習慣、マナーについての知識も習得します。

受講終了時には試験があり、合格すれば認定書が贈られます。

第1回「ASEAN 医療通訳士養成集中講座」開催概要

受講料は無料、講座は2日間連続の集中コースになります。受講希望の方はお申込みが必要ですが、定員になり次第締め切りとさせていただきます。

■日時:1日目 11月8日(土)受付時間9時45分より(講義 10:00〜16:00)
    2日目 11月9日(日)講義 10:00〜16:00

■場所:LEN貸し会議室『飯田橋』
〒162-0824 東京都新宿区揚場町2-14 新陽ビルLEN貸し会議室『飯田橋』 4F「会議室C」
※医療通訳士養成集中講座は2日間連続のコースになります。
(地図は下記参照)
・JR中央線、総武線「飯田橋」駅 徒歩4分
・有楽町線、南北線、東西線「飯田橋」駅 徒歩3分
・大江戸線「飯田橋」 徒歩5分

■費用:今回に限り無料とします。
■定員:60名(定員になり次第締切とさせていただきます)
■持参するもの:筆記用具、ノート、お弁当(外出してのランチも可)
■プログラム

【1日目】 11月8日(土) 講義内容

時限 時間 講座内容
1時限目 10:00〜10:40

・挨拶と講座の概要

2時限目 11:00〜11:50

・医療通訳士としての自覚
・マナー基本五原則(1)

休憩 11:50〜12:20

・昼食休憩

3時限目 12:20〜13:20

・マナー基本五原則(2)
・仕事の進め方の大前提
・電話対応の基本

4時限目 13:30〜14:20

・日本の医療システム紹介と一般的通院
・救急のパターン

5時限目 14:30〜15:30

・医療知識の習得

6時限目 15:40〜16:40

・就職に役立つ基本知識

【2日目】 11月9日(日) 講義内容

時限 時間 講座内容
1時限目 10:00〜10:50

・医療通訳という通訳の特異性と心構え

2時限目 11:00〜11:50

・日本の医療習慣について
・医療通訳現場での振舞い

3時限目 12:00〜13:00

・考えられる主な言語表現の習得

休憩 13:00〜13:30

・昼食休憩

4時限目 13:30〜15:00

・総合ロールプレイング
・まとめ・質疑応対

5時限目 15:00〜16:00

・テスト実施

■会場地図

http://www.len.co.jp/conference/shinjyukuku/iidabashi.html
会場:LEN貸し会議室『飯田橋』
〒162-0824 東京都新宿区揚場町2-14 新陽ビルLEN貸し会議室『飯田橋』  4F「会議室C」

中国人患者のみを対象とした弊社主催の医療通訳士養成集中講座は2010年8月にスタートしました。今までに9回実施し、認定者は450名を超えました。

第1回 2010年8月21日/9月11日
赤坂中央ビル7F(東京)

第2回 2011年2月19日/20日
大阪大学吹田キャンパス

第3回 2011年3月19日/20日
九州大学歯学部本館

第4回 2011年10月15日/16日
北海道大学医学部臨床講義棟

第5回 2011年10月22日/23日
琉球大学国際交流会館

第6回 2011年12月10日/11日
仙台市泉区双葉ビル6F

第7回 2012年6月9日/10日
金沢大学角間キャンパス

第8回 2013年8月25日/26日
京都市勧業館

第9回 2014年2月22日/23日
東京都新宿区LEN会議室『飯田橋』


お問合せお申込みは下記まで――
日本抗加齢センター株式会社 日中交流事業部 李ジン
電話 03-3511-1170 FAX 03-3511-1174
info@koukarei.com


----

弊社からのお知らせ1

中国人のみを対象とした
第10回「医療通訳士集中育成講座」を11月大阪で開催を予定しております。
詳しくは次号でご案内します。


弊社からお知らせ「雪中送炭 医●翻●手册-医療通訳ハンドブック-」発売中
医療通訳ハンドブック書影

■書名 雪中送炭 医 翻 手册 ‐医療通訳ハンドブック‐

■監修 日中医療交流協会

■目次

はじめに「雪中送炭」のこころで

第1章/日本の医療システム

日本と中国における医療習慣・システムの違い
日本における医療施設の分類
医療施設における一般の診察の流れ
日本の医薬分業システムと処方
入院・治療・検査の流れと心得
日帰り手術・人間ドックの流れ
外国人が利用できる医療施設について

第2章/医療通訳という仕事と心構え

一般通訳と医療通訳の差異
医療通訳において持つべき倫理
医療通訳において持つべき知識と注意
医療通訳現場の理解と振る舞い
手術の場合の適正通訳(IC・同意書)実践例
人間ドックの場合の適正通訳・実践例
医療通訳士Q&A

第3章/医療通訳士として身につけておきたいマナー

日本における職業意識
マナー基本五原則
医療通訳士としての心得
医療通訳にあたる前に

資料集/日本独特の痛み表現と翻訳の難しい表現

人体各部位の名称一覧
問診表
造形CT検査説明書・同意書

本書は医療通訳士を目指す中国人の方はもちろんのこと、一般の方にもわかりやすく読めるよう編集しました。急なトラブルや事故、または体の不調により医療機関に訪れる際に、すぐに役立つ内容が満載されていますので、ぜひお手元に置かれることをおすすめいたします。

本書は「書籍版」と「デジタル版」の2種類があります。

価格「書籍版」は2940円(税込)・送料無料(日本国内のみ)「デジタル版」は2058円(税込)となります。※「書籍版」の中国への送料は別途1000円(税込)かかります。

購入方法以下の2つの購入方法があります

(1) 電子書店「ブックパブ」で購入する
ブックパブで検索 または http://bookpub.jp/books/bp/339 と入力

(2) 電話で注文する/書籍版のみ対応 ※中国語でも対応可能です
日本抗加齢センター 03-3511-1170
(受付時間平日10時〜18時まで)※中国語でも対応可能です


お気軽にお問い合わせください 日本抗加齢センター株式会社 「就職咨詢服務」 TEL 03-3511-1170 e-mail  info@koukarei.com 受付時間 平日10時〜17時 日本企業への就職を希望する中国人の方のための相談窓口「就職咨詢服務」を開設しております。日本語でも中国語でも対応できるこのサービスは、文化や習慣の異なる日本の企業に就職するために必要な情報から、就職の心構え、企業情報など広くアドバイスいたします。相談は無料ですのでお気軽にお問合わせください。また中国人の方を採用したい日本の企業さまからのお問合わせにも対応いたします。

----

求人情報一覧

こちらでは弊社が扱う求人情報の一部をご紹介します。貴方に合う求人情報が見つからなかったら、直接弊社の「就職諮詢服務」にご連絡頂ければ、中国語の出来るスタッフが貴方の状況に合わせて求職のお手伝いをさせて頂きます。お気軽にお問合わせ下さい。
日本抗加齢センター株式会社「就職諮詢服務」TEL : 03-3511-1170 E-mail : info@koukarei.com


Job No

Company/Location

Reward
Role
Application Conditions

JAAC
2604-
YSAS01

Major Pharmaceutical Company/Tokyo

Criterion @JPY300,000-400,000

Pharmacovigilance

・Medical University Graduated(Western Medicine)
・English - Fluent
・Japanese-Daily Coversation
・Experience of study or work at English speaking world are welcome
・Clinical experience-Not Necessary



企業

募集職種

年齢

勤務地

製薬

学術情報部門のマネージャー

40〜49歳

東京

製薬

発注・在庫管理担当サブマネージャー

35〜49歳

つくば市

製薬

新薬メーカー出身者で、製剤の工業化検討・スケールアップ・生産技術の部門に詳しい方

50〜60歳

つくば市

製薬

新薬メーカーで工場長・副工場長等の経験のある方

45〜60歳

つくば市

製薬

安全管理部のお客様相談、添付文書作成関係

不問

東京

製薬

信頼性保証本部(品質保証)

不問

滋賀

製薬

バイオ製剤開発経験者・無菌製剤製造経験者

不問

岐阜


その他、医学研究及び臨床経験者 薬剤師、看護師の各種資格保持者、統計解析SAS経験者は是非当社にご登録ください。また弊社では「履歴書」及び「職務経歴書」、更に「自己PR書」の提出時のご支援を致します。一度ご相談ください。相談受け付けは、メールにて「info@koukarei.com」まで

----

本メールマガジンの記事および広告掲載に関するお問合せは以下までお願いいたします。

日本抗加齢センター株式会社 日中交流事業部
TEL.03-3511-1170  FAX.03-3511-1174  e-mail info@koukarei.com
〒102-0071 東京都千代田区富士見1-11-24-601